/

この記事は会員限定です

埼玉県も人口減少時代突入 さいたま市は増加数全国一

[有料会員限定]

総務省が発表した2022年1月1日時点の人口動態調査で、埼玉県の人口が前年比0.11%減の738万5848人となり、初めて人口減少に転じた。これまで出生数から死亡数を差し引いた自然減を転入などの社会増と外国人の増加で補ってきたが、埼玉もついに人口減少時代に突入した。一方、さいたま市は全国トップの人口増加数となった。

総務省によると、埼玉県全体の人口は前回調査(739万3849人)と比べ8001人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン