/

この記事は会員限定です

七十七銀行頭取「デジタルコンサル参入を検討」

[有料会員限定]

2022年3月期の連結決算で純利益が222億円となり、過去最高を記録した七十七銀行。コンサル営業の強化や店舗網見直しなどのコスト削減が奏功した。小林英文頭取は日本経済新聞のインタビューで、近くデジタル分野のコンサル事業に乗り出す方針を明かした。子会社設立を軸としたコンサル強化で融資との好循環を生み出したい考えだ。

「コンサルティング営業の浸透と有価証券運用、コスト削減が形になった」。小林頭取は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン