/

「クルーズ船発着 3月は中止を」 茨城県などが要請

茨城県は4日、クルーズ船「にっぽん丸」を使った旅行企画について、大洗港区で10日と15日に予定されていた発着を中止するよう旅行会社の日立ポートサービス(日立市)に要請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県や関連市町村による協議会で決めた。同社は企画自体の中止も決めた。

対象は壱岐島(長崎県)、屋久島(鹿児島県)などを5泊6日で巡る企画。寄港1週間前の指針のうち「国または県の緊急事態宣言が発令されていないこと」を満たす一方、県の感染対策指標が最もリスクの高いステージ4にあるため「ステージ2以下」の基準に達しなかった。

茨城県では2021年11月に常陸那珂港区で「飛鳥Ⅱ」が寄港し、約2年ぶりに国内クルーズ船の寄港が再開されたばかり。県内では4月もクルーズ船寄港が予定され、協議会で感染状況などをみながら判断する。外航クルーズの寄港は当面難しい見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン