/

この記事は会員限定です

山口大と古賀産業、再生医療向け細胞シート凍結装置開発

[有料会員限定]

山口大学と古賀産業(山口県下関市)は再生医療用に細胞を培養した「細胞シート」の凍結装置を共同開発した。細胞シートを一括作製して凍結保存できれば、製造コストが下がり、細胞シート移植治療の普及につながる。食品産業向け冷凍機器を製造する古賀産業はこれを機に医療向け分野に進出し、2022年から細胞シート凍結装置の営業活動を本格化する。

細胞シートの凍結装置は、古賀産業が食品産業向けに製造する急速冷凍機器の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン