/

クスリのアオキ、福島のスーパー買収 東北出店強化へ

クスリのアオキホールディングス(HD)は4日、子会社のクスリのアオキが福島県で食品スーパーを展開する一二三屋(福島県いわき市)を2022年3月1日付で吸収合併すると発表した。買収額は非公表。医薬品や日用品、生鮮食品を取りそろえるワンストップ形式の店舗を東北地域でも広げていく。

一二三屋は1990年の設立で、いわき市にスーパー4店舗を展開している。合併で一二三屋は解散し、クスリのアオキに吸収される。合併後は順次、クスリのアオキの店舗に改装される予定だ。改装した店舗には調剤薬局も併設するとみられる。

東北地域でクスリのアオキHDは39店舗を出店しているが、買収は初となる。同社がM&A(合併・買収)を手掛けるのは全国5例目。5月には石川県の能登地域に展開するサン・フラワー・マリヤマ(輪島市)、6月には茨城県のスーパーマルモ(土浦市)を買収した。

相次ぐ買収の狙いはドラッグストアとスーパーを組み合わせた店舗で他社との違いを打ち出し、激化する出店競争で生き残ることにある。クスリのアオキHDは既存の出店エリアでドミナント(集中出店)化する戦略を掲げており、今回もその一環だ。2026年5月期に売上高5000億円の目標達成に向け、高速出店を続ける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン