/

この記事は会員限定です

五輪の新競技を次世代に 拠点整備、裾野拡大に注力

東京五輪・パラ レガシーを問う③

[有料会員限定]

「当初は撤去する予定だったが、日本代表の快挙や健闘をたたえ合う各国代表の姿が若者らの胸を打って人気が高まり、再整備が決まった」。東京都のスポーツ施設の開設準備担当者は打ち明ける。

東京五輪で新競技に採用されたスケートボード。その舞台となった「有明アーバンスポーツパーク」(東京・江東)は当初、閉幕後に撤去する仮設会場として整備された。その後、施設を生かす方針に切り替わったものの、開幕前はスケートボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン