/

四国通信局長「ICT利活用で地域元気に」 就任会見で

総務省四国総合通信局の西岡邦彦局長は5日、松山市内で就任会見を開き、「現場に足を運んで地域の実情や課題認識を聞いたうえで、ICT(情報通信技術)の利活用を通じて地域を元気にする」と抱負を述べた。

西岡局長は政府が掲げるデジタル田園都市国家構想を挙げ、「四国は山間部や離島が多く少子高齢化などの課題先進地域だからこそ、ICTを使って課題解決するポテンシャルが高い」と話した。通信インフラの整備を進めつつ、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進などに取り組む。

西岡局長は東京都出身。1992年に東大法学部を卒業し郵政省(現総務省)に入省。2021年に内閣官房郵政民営化推進室副室長を経て22年6月28日付で就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン