/

この記事は会員限定です

高齢者接種率、最下位は沖縄に 住基人口の更新で判明

[有料会員限定]

2021年分が4日に公表となった住民基本台帳人口は政府の新型コロナワクチン接種率の計算にも使われる。3日現在の高齢者接種率(1回目)は20年の人口を分母に算出され大阪府が最下位になっている。ただ21年分で改めて計算すると最下位は沖縄県だった。首位も岐阜県ではなく山形県で、順位は大きく入れ替わる。全国の高齢者が1年で28万人増えたためだ。

65歳以上の高齢者が21年1月1日時点で3576万人と1年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン