/

東京都、きらぼしFGと中小企業の脱炭素後押し 連携協定

東京都と都環境公社、東京きらぼしフィナンシャルグループ、きらぼし銀行は、中小企業の地球温暖化対策促進に向けた連携協定を締結した。脱炭素などに取り組む企業を対象に融資の利率を優遇し、温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を金融面から推進する。

協定に基づき、きらぼし銀行は「脱炭素応援ローン」の取り扱いを始めた。対象企業は、二酸化炭素の排出量や削減率、再生可能エネルギーの利用状況などを記した「地球温暖化対策報告書」を都に提出した法人または個人事業者。1年目の固定金利に、同行が定める利率より0.1%優遇した金利を適用する。

融資商品の周知のほか、温暖化防止に関する都の事業の普及啓発にも協力して取り組む。同行の担当者は「互いに協力し、中小企業に対して広く啓発していきたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン