/

この記事は会員限定です

北信越の集住率、公共交通で向上 長野県塩尻市はAI活用

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県の自治体が人口集中地域に居住者を誘導し、集住率を高めている。ポイントは公共交通の整備にある。5県とも1世帯当たりの自家用車保有台数が多く、居住エリアが郊外へと拡散しがちだ。公共交通の沿線に街を整備することで、人を集めて行政運営の効率を上げようとしている。

集住率の上昇幅で全国4位の福井県。県庁所在地である福井市の2020年の集住率は70.5%で、過去10年で7.7ポイント上昇した。10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン