/

横浜・みなとみらいの祭り3年ぶり開催 2万発の花火など

横浜市最大級の約2万発の花火が打ち上げられる、みなとみらい(MM)21地区の祭り「みなとみらいスマートフェスティバル」が8月2日、3年ぶりに開かれる。新型コロナウイルスの感染が落ち着いていることを踏まえ、地元企業などが主体となった実行委員会が開催を決めた。

感染予防対策を徹底したうえで、伝統的な和太鼓の響きを独自にアレンジした「横浜都筑太鼓」による演奏のほか、横浜港の夜を約2万発の花火と音で演出する「スカイシンフォニー イン ヨコハマ」などを実施する。会場は、MM21地区の臨港パークや、客船のターミナル、ホテル、商業施設を備えた「横浜ハンマーヘッド」などのエリア。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン