/

この記事は会員限定です

仙台「BOSAI-TECH」、防災産業集積に向け実用化が壁 

東日本大震災11年 復興、ハードからソフトへ③

[有料会員限定]

防災を通じ課題解決や産業振興を図る仙台市の取り組み「仙台BOSAI-TECH(防災テック)」が立ち上げから2年になる。度重なる災害や南海トラフ地震などへの備えから企業の関心も高まっており参加企業の裾野が広がっている。実証実験などで生まれたアイデアをいかに実用化していくのかが今後の焦点になる。

防災テックは東日本大震災10年を機に本格始動した事業だ。①防災商品・サービスの開発を促すことによる地元企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン