/

この記事は会員限定です

栃木精工、「生体に近い」医療器具開発  東大発新興と

[有料会員限定]

医療機器製造の栃木精工(栃木県栃木市)が東京大学発スタートアップのインテリジェント・サーフェス(千葉県柏市)と新製品の開発で業務提携した。栃木精工はインテリジェント社が持つ生体に近い構造をもつポリマーを活用した医療機器の開発を進める。川嶋大樹社長は新技術を活用し、カテーテルなどの既存市場に切り込む考えだ。

栃木精工は1948年創業の医療機器メーカーで、注射針やカテーテルなどさまざまな医療機器を主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン