/

静岡県藤枝市・東海ガス、「脱炭素の街」へ連携協定

(更新)
<訂正>2021年8月4日19時44分公開の「静岡県藤枝市・東海ガス、『脱酸素の街』へ連携協定」の記事の見出しで、「脱酸素」とあったのは「脱炭素」の誤りでした。
藤枝市の北村正平市長㊨と東海ガスの植松章司社長

静岡県藤枝市とTOKAIグループの東海ガス(静岡県焼津市)は4日、藤枝市が掲げる脱炭素の街「ゼロカーボンシティ」の実現に向けた連携協定を締結した。東海ガスは13日から市庁舎南館に、温暖化ガス排出量を実質ゼロとみなす「カーボンニュートラル都市ガス」を供給する。省エネ機器への転換や導入についても支援する。

両者が締結した「ゼロカーボンシティの実現に関する連携協定」は、公共施設などの脱炭素化やエネルギーの地産地消の推進などを柱とする。

カーボンニュートラル都市ガスは温暖化ガス排出量を植林や再生可能エネルギーへの寄付などで相殺する「カーボンオフセット」の仕組みを使い、燃焼しても地球規模では温暖化ガスが発生しないとみなす。南館に年間8千立方メートルを供給するほか、市庁舎の他の建物や公共施設への導入も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン