/

この記事は会員限定です

首都圏の老朽団地、多機能型に再生 店や医療施設併設

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

古くなった団地を住居や買い物など複数の機能を備える「複合団地」に再生させる動きが首都圏で活発だ。建て替えに合わせて生まれた余剰の敷地にスーパーやテレワーク施設、ジャズ喫茶などを設けている。団地や近隣住民の生活の利便性を高めつつ、若い世代を含む地域住民のにぎわいの場にもなっている。

東京都八王子市の都営住宅「長房団地」の敷地内に4月、食品スーパーやクリニックなどが入った大型商業施設「コピオ長房」がオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン