/

駿河湾フェリー、半額キャンペーン再開 緊急事態解除で

静岡県の清水港(静岡市)と土肥港(伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーは新型コロナウイルスの緊急事態宣言の県内解除を受け、運賃の半額キャンペーンを再開した。10月末までの期間限定とし、観光客などに利用を促す。

運賃半額キャンペーンは7月から始め、緊急事態宣言発令を受けて8月下旬に中断していた。運賃は通常、大人1人2300円かかるのを1150円とし、小学生も半額の580円にした。普通乗用車の航送運賃は運転者1人分を含め3150円、原付き・バイクも800円に減額した。

割引期間は混雑や密集を避けるため、乗客の人数を定員の半分に制限する。換気設備や空気清浄機も設け、すべての客に検温を実施するなど感染対策を徹底する。

運航するふじさん駿河湾フェリー(静岡市)は「半額キャンペーンが終わり、コロナの感染者数の減少傾向が続けば、正規運賃の減額改定も検討し客を呼び込んでいきたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン