/

東京都、都立・公社病院に不妊治療の相談窓口

東京都は5日、都立・公社病院に不妊治療の無料相談窓口を開設する。産科のある5つの病院が1日2カ所ずつ持ち回りで窓口を設け、医療ソーシャルワーカーや臨床心理士などが平日に電話相談に応じる。4月から不妊治療の保険適用範囲が拡大し、病院へ相談したい人が増えるとみて体制を整える。

相談窓口を設けるのは、多摩総合医療センターと大塚病院、墨東病院、豊島病院、荏原病院の5病院で、電話番号や受付時間は各病院のサイトに掲載する。

不妊治療に関する不安や悩みのほか、仕事との両立、経済的な負担など幅広い相談を受け付ける。都立・公社病院では不妊治療を扱っていないため、希望に応じて治療可能な医療機関の紹介もする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン