/

この記事は会員限定です

広島の2信金、商談会で地元食品を首都圏に売り込み

[有料会員限定]

広島県の呉信用金庫(呉市)としまなみ信用金庫(三原市)は4日、地元の中小食品メーカーと首都圏のバイヤーをつなぐ商談会を開いた。地域商社のジーブリッジ(大阪市)と連携し、商談会に先だって商品の容量やデザインの改良などを助言した。新型コロナウイルスの打撃を受けた地場企業が新たな販路を開拓するのを支援する。

地元メーカー18社、首都圏の百貨店や高級スーパーなど9社のバイヤーが参加した。商談は主にオンラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン