/

この記事は会員限定です

茨城・ひたちなか市の干し芋 輝く黄金色、自然な甘み

食紀行

[有料会員限定]

サツマイモを蒸してスライスし、乾燥させた干し芋。全国生産量の約9割を占める茨城県の中でも、ひたちなか市が最大産地だ。

ひたちなか海浜鉄道湊線の那珂湊駅に近い「ほしいも専門店 大丸屋」。巨大な干し芋型オブジェを目にして店内に入ると「玉豊」「紅はるか」「シルクスイート」など多彩な干し芋が並ぶ。細長く切った平干し、丸い形の丸干しなど形状も様々だ。

明治期に創業後、干し芋を周辺農家から仕入れていた。今は県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン