/

新潟・千葉の火力発電で火災 電力供給のリスク浮き彫り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

各地の火力発電所でトラブルが続いている。3日にかけて千葉県と新潟県の火力発電所でそれぞれ火災が発生し、東北電力などが出力を落とした。関東の猛暑が和らいだため足元の電力需給に問題はないものの、夏の電力供給のリスクが浮き彫りになっている。

東北電力では3日夜に東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)で火災があった。すぐに鎮火したが、トラブルが起きた設備は4日夕時点で出力上限を6割強の約40万キロワットに落とした。1985年に運転開始と古い設備で、4日時点で復旧は未定だ。

2日には東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAの千葉火力発電所(千葉市)で火災があり、出力50万キロワットの設備の運転が止まった。同社は10日までの復旧を目指している。運転開始は2014年と比較的新しい。

政府は全国的な電力の逼迫を受け、いわゆる「老朽火力」を稼働することで電力の確保を進めている。ただ、古い設備ほどトラブルが起きる恐れがある。

21年1~2月に寒波や液化天然ガス(LNG)不足で電力が逼迫した際には、石炭火力や石油火力を最大限に活用してしのいだ。この2カ月間に起きた発電所の予期せぬ停止は合計で900万キロワット分を超え、前の年度から3倍程度に急増した。経産省は「運転から20~30年たってくると不具合が起こる確率が上がってくる」と指摘する。

東電管内では、夏の暑い平日の日中に5000万キロワット超の電力需要がある。50万キロワットは需要の1%弱にあたる。7月は厳しい暑さになれば、需要に対する供給の余力を示す「予備率」が東北から九州まで8電力の管内で3.7%となる見通し。最低限必要な3%に対しわずかな余力しかなく、火力発電のトラブルが続けば安定供給が揺らぎかねない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン