/

この記事は会員限定です

地方で新税、発電パネルや天然水も 企業とあつれき

[有料会員限定]

自治体が独自に課す税金「法定外税」が増えている。2023年度の課税は57自治体で67件と、現行制度になった00年度以降で最多となる見通しだ。国と地方を通じた財政の仕組みは社会の大きな変化に追いつかず、行政コストを十分には賄えない面もある。財源を生み出そうと苦慮する自治体と、税負担が増す企業の間であつれきが起きている。

「財政需要との因果関係が示されていない」。メガソーラー(大規模太陽光発電所)運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2525文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Inside Out

現代の日本、世界が直面する構造問題の根っこに一体なにがあるのか。未来志向の「解」を求めて、記者が舞台裏や歴史を徹底的に探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません