/

この記事は会員限定です

「航空需要、今年は徐々に回復」 田村明比古・NAA社長

2022年千葉展望

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で長く低迷を続ける航空業界だが、成田国際空港会社(NAA)の田村明比古社長は、2022年は少しずつ明るい兆しが見えてくると述べる。加えて、中長期的に国連の持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みを強化するという。

――22年の航空業界の見通しはどうなるでしょうか。

「21年は11月ごろから少しずつ人の動きも活発になり、期待する部分があったが、新型コロナの新変異型『オミクロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン