/

この記事は会員限定です

富山の経営者、大学へ エコ通勤研究で博士号取得者も

[有料会員限定]

リカレント教育(社会人の学び直し)の機運が高まる中、富山県の経営者が大学に通い始めた。理解を深めたいと思う理論の講義を学生に交じって受けたり、本業に関連するテーマで論文を書いて博士号を取得したり。経営者が互いに刺激を受けて大学に通う姿は、地域で働く人にも学びを促しそうだ。

2021年10月以降、火曜日夕刻になると富山大学(富山市)に通い、90分の講義を受ける人物がいた。同市に本社を置く北陸電力の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン