/

川崎ブレイブサンダース、バスケなどの施設開設

バスケットボール男子B1の川崎ブレイブサンダースは川崎市内2カ所に若者文化の発信拠点を開設する。8月末にバスケットボール、ダンス、eスポーツなどを体験できる「カワサキ文化会館」、10月初旬にバスケットボールコート「カワサキブレイブサンダースコート」をそれぞれオープンする。

カワサキ文化会館は、京急川崎駅に隣接する「川崎第3京急ビル」に設ける。市が公募した若者文化の発信拠点整備事業に、ブレイブサンダースの提案が採択され、運営にあたる。整備費5600万円、維持費1750万円は市の予算でまかなう。

バスケットボール、スケートボード、自転車BMXフリースタイルが楽しめるコート、ダンスエリア、eスポーツエリアを設け、スクールや体験イベントも展開する。

カワサキブレイブサンダースコートはJR川崎駅近くの商業施設「ラ チッタデッラ」内の約1200㎡に全天候型のバスケットフルコート2面とクラブハウスを設ける。バスケットボールスクールを新規開校するほか、様々なスポーツやイベントの会場としても利用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン