/

東北電力の東新潟火力発電所で火災 出力6割強に制限

東北電力は4日、東新潟火力発電所3-2号系列(新潟県聖籠町、出力60.5万キロワット)の3基のガスタービンのうち1基で3日深夜に火災が発生したと発表した。すでに鎮火したものの、同系列の運転は残り2基のガスタービンを稼働させるにとどまる。4日正午時点で出力上限を6割強の約40万キロワットに落として運転している。

東北電は火災の発生原因を「現在調査中」としており、完全復旧のメドはたっていない。送配電事業を手がける東北電力ネットワーク(仙台市)は「電力供給の予備率5%は確保できる」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン