/

この記事は会員限定です

デジタル化や環境対応 四国企業、コロナ禍の変化に挑む

[有料会員限定]

多くの企業や自治体で仕事始めとなった4日、四国4県の企業トップは、長期化する新型コロナウイルス禍での経営環境の変化を成長につなげる決意を表明した。四国でも新型コロナの変異型「オミクロン型」の感染者が確認されるなど先行きには不透明感が漂うが、デジタル技術の活用や環境配慮など新たな変化への対応を進める。

日亜化学工業の小川裕義社長は「脱炭素など環境意識の変化を見据え、一段の技術開発で世界的課題への取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン