/

この記事は会員限定です

スズキハイテック、生物模倣技術に力 精密金型を開発へ 

[有料会員限定]

めっき加工のスズキハイテック(山形市)は、生物の体表面の形状を製品の高機能化に応用するバイオミメティクス(生物模倣)技術の実用化に乗り出す。MEMS(微小電子機械システム)技術を活用した精密金型を開発する。特殊めっき技術で次世代自動車市場に参入し経営基盤を固めながら、「次の100年に向けた技術開発」(鈴木一徳社長)を急ぐ。

バイオミメティクスとは、生体の構造や機能を観察・分析し、製品の機能向上に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン