/

この記事は会員限定です

北関東のトップ年頭所感、変化機に成長を訴え

[有料会員限定]

北関東の企業や自治体、団体の多くは4日、2022年の仕事始めとなった。21年終盤は新型コロナウイルスの感染が落ち着きつつあったが、変異型が全国で広がりつつある。コロナ禍3年目となる今年、脱炭素など新たな潮流をバネに成長を目指す声が相次いだ。

足利銀行の清水和幸頭取は「お客様の地域金融機関に求めるニーズは事業拡大支援や相続対策などの『高度コンサルティング』に変容してきている」とし、従来の枠を超えた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り844文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン