/

東京の感染者、過去最多の4166人 全国は1万4000人突破

(更新)

東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4166人確認されたと発表した。7月31日の4058人を上回り、過去最多となった。埼玉県や千葉県なども最多を更新した。感染力の強いインド型(デルタ型)の変異ウイルスが広がり、全国では1万4000人を初めて超えた。

国立感染症研究所は4日、新型コロナの新規感染者について、8月初旬時点で関東は9割、関西は6割がデルタ型に置き換わっているとの推計を明らかにした。厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合で示した。

8月末には東京都でデルタ型が95%を占めるとの想定も示した。足元の変異ウイルス検査では東京都で54%、千葉県では59%がデルタ型陽性となっている。

都内の直近1週間平均の新規感染者は4日時点で約3478人と前週(約1954人)の178.0%だった。重症者は前日より3人増えて115人だった。新たに1人の死亡が確認され、累計の死者数は2301人となった。

新規感染者を年代別にみると、20代が1380人と最も多く、30代が885人、40代が658人で続いた。重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は131人だった。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン