/

この記事は会員限定です

敦賀港に大型倉庫 敦賀海陸運輸、22年度にも能力4割増

[有料会員限定]

港湾物流を手掛ける敦賀海陸運輸(福井県敦賀市)は、敦賀港での貨物の保管体制を拡充する。大型倉庫を2022年度にも新設、延べ床面積1万平方メートルとし全体の保管能力を4割増強する。同港は19年に貨物の福岡・博多航路が就航、港湾整備も進んで貨物取扱量の増加が見込まれることに対応する。

新たに倉庫を建設するのは、港の中間に位置し岸壁の拡張工事が進む鞠山南地区だ。13年から運用する倉庫の隣接地に建てる予定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン