/

この記事は会員限定です

長野・松本のマンション建設、コロナ禍でも堅調

[有料会員限定]

長野県内の主要都市で分譲マンションの建設が堅調だ。穴吹工務店信越支店(長野市)によると、松本市での2021年の供給戸数は5年ぶりの高水準を見込む。長野市でも直近10年で2番目の多さとなる見通し。利便性などの面で市中心部のマンションへの需要は根強く、新型コロナウイルス禍でも建設が順調な要因となっている。

松本市内の21年の供給戸数は、3物件の合計で155戸を見込む。穴吹工務店は市中心部の松本駅から車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン