/

この記事は会員限定です

八十二銀行、水害で与信費60億円増も 気候対策必須に

八十二銀行の行方㊤

[有料会員限定]

八十二銀行が変わろうとしている。日銀のマイナス金利など厳しい事業環境を背景に、銀行単体の税引き利益は減少が続く。長野県の千曲川の氾濫をはじめ全国では自然災害が相次ぎ、気候変動による業績リスクも無視できなくなっている。県内では人口減少も加速する。サステナビリティー(持続可能性)の取り組みなどを通じて、銀行の変革に挑む八十二銀の行方を追った。

「大きな数字だ」。八十二銀が試算した、千曲川の氾濫による業績への影響額に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン