/

徳島市、阿波おどり会議 コロナ対策など確認

徳島市は3日、踊り手や経済界の代表者らを集めた第3回「阿波おどりネットワーク会議」を開いた。祭りを主催する市側から、新型コロナウイルスの対策マニュアルの見直しや前夜祭の会場変更などについて説明があり、出席者は原則、了承した。

感染対策マニュアルでは、踊り手に通常はマスク、公演中はマウスシールドの着用を要請し、観客には会場内での飲食・飲酒の禁止などを求める。前夜祭はコロナワクチンの大規模接種会場となる「アスティとくしま」から、「あわぎんホール」に変更する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン