/

広島と岡山、飲食店時短を6日で終了 重点措置解除で

広島県と岡山県は新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の6日での解除にあわせ、県全域での飲食店の営業時間短縮要請を終える。医療体制の逼迫が緩和されているが、感染は多い状況として、両県知事は県民に感染対策を続けるよう呼びかけた。

岡山県は31日までをリバウンドを防ぐ期間とする。4日開いた対策本部会議の後、伊原木隆太知事は「オミクロン型にあまりきかない飲食店の時短には頼らないが、それ以外の対策は慎重に守ってもらいたい」と話した。重症化リスクの高い高齢者の入所施設などに約5万の検査キットを配り、職員の定期的な検査をすると新たに決めた。

広島県では湯崎英彦知事が取材に応じ、「重点措置は解除となるが、感染レベルとしては高い状況だ。基本的な感染防止対策を続けてほしい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン