/

この記事は会員限定です

「虎の子」住宅ローン争奪戦 「市場食い荒らされる」

マンション高騰の果て(4)

[有料会員限定]

「当行ならスピーディーに審査・契約できる」。三重県を地盤とする地方銀行、百五銀行が7月に開いた愛知県の住宅ローン拠点。在籍する行員は不動産会社に足しげく出向き、マンションなど住宅の購入希望者に自行を紹介してもらえないかと営業をかけている。

百五銀は2022年に愛知県内だけで住宅ローンの拠点を3カ所つくったほか、担当者を60人増やした。頭取の杉浦雅和は「愛知県内のシェアは低い。まだまだ(開拓の)余...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません