/

この記事は会員限定です

スマート農機をシェアリング、県立広島大などが実証

[有料会員限定]

広島県庄原市などで、自動運転のトラクターやドローンといったスマート農機をシェアリングする実証が始まる。県立広島大学や農業法人、システム会社などが手を組んで機器をシェアする仕組みをつくり、高額な導入コストを抑える。人工知能(AI)の活用で効率的な配置ができるようにし、労働力不足や耕作放棄地の増加といった地域課題の解決を狙う。

「カーシェアをはじめとする次世代移動サービス『MaaS』の農業版をつくりあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン