/

IT人材育成、大学定員の規制緩和要望 9都県市首脳

首都園の1都3県と5政令指定都市でつくる「九都県市首脳会議」は3日、デジタル人材の育成に向けた要望書を国に提出した。大学の収容定員のルールで人工知能(AI)やデータサイエンス分野は別枠で取り扱うことや、教育プログラム開発での技術的、財政的支援などを求めた。

私立大学は収容定員を増やす場合、文部科学相の認可が必要で時間がかかりやすい。また東京23区では一極集中是正のため法律上、学部の新設ができない。「全国の約3割の大学が集積する首都圏が人材育成に果たす役割は非常に大きい」として見直しを求めた。

要望書は東京都の小池百合子知事が代表して牧島かれんデジタル相に提出した。小池氏は提出後、記者団に「DX(デジタルトランスフォーメーション)は日本全体が周回遅れにあり、取り返すには人材が必要だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン