/

この記事は会員限定です

中国5県の設備投資計画31%増 鉄鋼や化学活発

[有料会員限定]

日本政策投資銀行が4日発表した企業の設備投資計画調査によると、中国5県の2022年度の設備投資額は前年度実績比31%増の6239億円となる見込みだ。伸び率は過去最高となる。製造業では鉄鋼や化学、非製造業では海運など新型コロナウイルス禍からの回復を背景とした設備投資が活発だ。

投資額は企業の本社所在地ではなく、「属地主義」で集計。東京に本社を置く企業が中国地方の拠点に投資するケースもカウントした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン