/

青森銀行、テークアウト食品公募 審査しスーパーに

青森銀行は飲食店などを対象に「持ち帰り用食品」の商品開発や販路開拓を支援する。企画商品を公募し、優れたものを青森県内のスーパー2社の店頭で販売する。新型コロナウイルス禍の影響を受ける事業者にとっては、知名度の向上につながる。

青森銀行のテークアウト食品支援

「テイクアウト―1ドラフト」という名称で10月8日まで募集。青森県内の飲食店やホテルなどが既に提供している持ち帰り用食品や今後販売するアイデア商品を、県内のスーパー、紅屋商事とマエダの2社が審査する。優れたものを各社がそれぞれ1商品に絞り、両社の店舗で販売する。参加は無料。コロナ禍で巣ごもり需要が拡大するなか、魅力ある商品のPRを後押しする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン