/

この記事は会員限定です

東京都医師会長「自宅療養急増、限界超す」 新型コロナ

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス感染者を原則自宅療養とする方針を打ち出した。過去最多ペースの感染拡大による病床逼迫を避けるためだが、東京都医師会は入院の基準となる重症化リスクの判断や在宅診療にどう関わるのか。尾崎治夫会長(おざき内科循環器科クリニック院長)は「現状は限界を超えている」と厳しい表情をみせた。

――政府方針で自宅療養者が増えることに医師会はどう対応しますか。

「(政府方針は)唐突だった。国から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン