/

この記事は会員限定です

筋を貫いて信じる道を 大成建設会長・山内隆司さん

NIKKEI The STYLE 「My Story」

[有料会員限定]

昭和の旧国立競技場と現在の国立競技場(東京・新宿)の建設を手掛けた大成建設。会長の山内隆司さんは常に率先垂範をモットーに自らかじを取ってきた。物事を正面からとらえて解決策を模索する。筋を通すことが相手に届くと信じて歩む。

「王道を歩む」。山内さんが2007年の社長就任時に記者会見で述べた言葉だ。就任当時は業界全体に対して談合批判が高まり、大成建設も他社との合併の臆測が流れるほど経営環境は厳しさを増していく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLEのトップインタビュー「MyStory」の記事サイトです。芸術家から経営者、トップアスリートまで注目の人に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン