/

広島でキッチンカー出店実験 スタートアップのメロウ

飲食物の移動販売車「キッチンカー」を支援するスタートアップのMellow(メロウ、東京・千代田)は、9月から広島市や呉市の公園などで移動販売の実験を始める。コロナ禍で飲食物の持ち帰り需要は増えており、キッチンカーを使った移動販売への参入を考える企業も多いとみられる。県の補助事業に採択されたのを受けてニーズを探る実証実験を1カ月かけて実施し、広島への進出を検討する。

メロウが出店に関わったキッチンカー(東京・世田谷)

キッチンカー(フードトラック)はトラックやワンボックスワゴンなどを改造して調理設備を備えた車。今回の実証実験では6月からメロウが移動販売に参入したい企業や個人を募り、広島市と呉市の公園など合計3~4カ所で9月から約1カ月、営業してもらう。

メロウは出店料として売り上げの15%を徴収するが、同社が1事業者あたり最大100万円の補助を出し、車両のレンタル、メニュー開発、店頭販促(POP)の製作などをしてもらう仕組み。事業の運営に関するアドバイスもする。

メロウはキッチンカー事業者と空き地の所有者を仲介し、出店の調整などをはかるビジネスを手掛ける。すでに東京、大阪、福岡などに進出しているが、中国地方には未進出だった。今回のプロジェクトは、コロナ禍で顕著になった課題の解決をはかるための実証実験を補助する県の事業に採択された。メロウは県からの補助金も活用しながら進出に向けて市場調査を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン