/

菅首相退陣表明、北信越の経済界・政界にも驚きの声

菅義偉首相が3日、退陣表明したことについて、北信越の経済界・政界からは「意欲を見せていたのに、一夜にして意向が変わったことに驚いた」(新潟経済同友会の山本善政代表幹事)といった声が相次いだ。菅政権への評価については、新型コロナウイルス対策やリーダーシップのあり方について厳しい意見が少なくなかった。

新潟商工会議所の福田勝之会頭は「コロナ感染拡大後、今まで経験したことのない事態となり、この約1年間は、難しい判断を迫られる場面も多く、ご苦労されたと思う」とコメントした。新潟県の花角英世知事は3日夕、記者団に「驚いた」と語った。

長野商工会議所の北村正博会頭は「コロナ対策は精いっぱいやったのではないかと思う一方で、政府の対応には振り回された面もある。職域接種に関しても、ワクチンが供給不足に陥るなど、我々としても戸惑いを感じた」と話す。長野県の阿部守一知事は3日の記者会見で「非常に突然のことで、これからどういう形で国政の動きが推移していくのか注目している」と述べた。

突然の辞任に「残念だ」という知事も少なくない。石川県の谷本正憲知事は「1日100万回のワクチン接種を実現した。デジタル化の推進、携帯電話料金の引き下げ、カーボンニュートラルなど国民目線の施策を打ち出し、実行に移す矢先の辞任で大変残念な思いだ」と述べた。福井県の杉本達治知事は3日「総務大臣経験者で、本県が提唱したふるさと納税を創設されるなど、地方行政に理解があっただけに残念」とする談話を発表した。

経済界からも「コロナ対策や脱炭素、デジタルトランスフォーメーション(DX)などの政策課題に尽くされ、東京五輪・パラリンピック開催も含めた難しい局面に対処された」(長野県経営者協会の碓井稔会長)と菅政権には一定の評価もある。

コロナ禍などへの対応は、次の首相の課題でもある。新潟商議所の福田会頭は「後任者には、コロナ収束の見通しが立たない中、日々の生活と経済活動は途切れることなく継続されていくので、これまで以上に、円滑な政治としっかりとした経済対策を進められるよう期待したい」と指摘する。福井県経済団体連合会の八木誠一郎会長は「政府・与党は早急に万全な新体制を固め、国民が希望を持って安全・安心に暮らせるよう全力を尽くしてほしい」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン