/

長野県内の日本公庫、創業支援で県の移住センターと連携

長野県内の日本政策金融公庫4支店は、長野県が東京・銀座で運営する「移住・交流センター」と連携して移住希望者向けの創業支援を始めた。創業に興味を持つ移住希望者がセンターを訪れた際に県内の公庫を紹介し、事業計画について相談できるようにする。オンライン会議システムを使い、来県する手間も省く。

長野支店、松本支店、伊那支店、小諸支店の創業支援担当者が相談を受け付ける。従来は、長野県で創業したいと考える移住希望者の多くが、居住地周辺の日本公庫の支店などで事業計画書を作成してから県内の支店を訪れていた。今回は現地の商圏に詳しい支店が計画書の作成段階から助言することで、より詳細な計画が立てられるようになると見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン