/

北関東3県倒産、8月は6件減の25件

帝国データバンク水戸支店がまとめた8月の北関東3県倒産集計(法的整理、負債1千万円以上)によると、倒産件数は前年同月比6件減の25件だった。茨城が1件減の8件、栃木が1件減の11件、群馬が4件減の6件。業種別ではサービス8件、建設6件、小売り5件と続いた。

3県の負債総額は前年同月比で7.4%減の26億7400万円。茨城が65%減の2億2300万円、群馬が50%減の8億6000万円だった一方で、ホテルの大型倒産があった栃木は約3倍の15億9100万円だった。

新型コロナウイルス関連倒産(法的整理または事業停止、負債1千万円未満含む)は茨城が3件で栃木が7件、群馬が3件。水戸支店によると2020年末時点で累計47件だったが、21年8月末時点で123件に上った。「全体の倒産件数が減る一方でコロナ関連倒産は増勢を強めている。コロナ前はそれほど業績が悪くなかった企業も、1年以上続くコロナ禍を理由に倒産している」(担当者)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン