/

この記事は会員限定です

トキエア佐渡就航へ座席減らした機体 上位クラス設置

[有料会員限定]

新潟空港(新潟市)を拠点に2022年就航をめざすトキエア(新潟市)は、滑走路の長さが短い佐渡空港(佐渡市)発着路線を23年以降に開設するため、座席数を減らした従来機を活用する検討を始めた。機体重量を軽くし、短距離でも発着できるようにする。一方で付加価値の高いビジネスクラス席を設け、収益性を高める。

欧州メーカーATR製の48人乗り従来機「ATR42-600」は、標準仕様の普通席48席では滑走路の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン