/

東京都、「医療警戒度」最高レベルに 4カ月ぶり

東京都は3日、都内の新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開き、4段階で評価する医療提供体制の警戒度を最高レベルに上げた。入院患者の増加に加え、感染したり濃厚接触者になったりする医療従事者が相次ぎ、人手不足から患者の受け入れを制限する医療機関が出ている。専門家は「通常医療も含め、医療体制の逼迫が危惧される」と指摘した。

最高レベルとなるのは2021年9月30日以来、約4カ月ぶり。都内の2月2日の新規感染者は過去最多の2万1576人だった。都の入院調整本部に患者の受け入れ先の調整を依頼しても、翌日以降に決まるケースもあるという。2日時点で3720人いる入院患者のうち、70代以上が半数を占める。都医師会の猪口正孝副会長は「重症患者数の動向を警戒する必要がある」と述べた。

専門家は同日、感染力は強いものの重症化リスクは低いとされる変異型「オミクロン型」の特性を踏まえた医療提供体制の新たな評価指標案を示した。重症者用病床の使用率と入院患者に占める酸素投与が必要な患者の割合の2つで評価する。

都内の新規感染者(7日間平均)は2日時点で約1万6075人と前週比54%増えた。会議ではこのままのペースで増加が続くと、1週間後の10日に1日あたり約2万4756人の新規感染者が発生するとの推計も示された。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン