/

この記事は会員限定です

コロナワクチンの副作用、遺伝子特定 東北大病院など

[有料会員限定]

東北大学病院とユーグレナ、遺伝子情報解析のジーンクエスト(東京・港)は共同で進めてきた新型コロナウイルスワクチンの副作用にかかる研究で、副作用を引き起こしやすい一部の遺伝子を特定したと発表した。3回目接種に備え、発熱や倦怠(けんたい)感といった副作用を予測するサービスなどに役立てる。

ジーンクエストとユーグレナが保有する遺伝子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り158文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン