/

この記事は会員限定です

徳島知事、衆院選不出馬の波紋 県政弱体化は避けられず

[有料会員限定]

衆院選への出馬意欲をみせていた徳島県の飯泉嘉門知事が1日午後、県議会で一転、知事続投を宣言した。地元テレビが流した映像では、知事が議会の自席で演説原稿を「総選挙に出馬する」から「出馬せず」に書き換える瞬間が捉えられていた。保守分裂が予想された衆院徳島1区と知事のダブル選挙はなくなった。一方、残り1年半の飯泉県政は弱体化が避けられないとの声も聞かれる。

衆院選への出馬の意志を固めていた飯泉知事を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン