/

この記事は会員限定です

介護送迎車版「ウーバー」児童も利用 群馬の学童で実験

[有料会員限定]

介護送迎車の相乗りサービス「福祉ムーバー」を運営するソーシャルアクション機構(群馬県高崎市)などは、小学生を民間の学童保育施設へ送迎する実験を始めた。送迎車版「ウーバー」とも呼べる同サービスで遠方から児童が通えるのか確認する。成功すれば2022年4月から正式に開始したい考え。

「児童は問題なく送迎車を利用できている。関心を持つ人もいるので、秋には対象エリアを広げて実験したい」。学童と英語教育を組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン